横断歩道のシャッター音

 

読書の秋…

観劇の秋…

芸術の秋‼︎

 

 

「FALL of ART」

 

…って事でぇ…

 

めっちゃ滑り込みの
ギリギリセーフで
行って来ましたぁぁぁぁ‼︎

 

 

ドンッ‼︎

 

ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト
「センシビリティ アンド ワンダー」

at

 

DIESEL ART GALLERY

 

 

 

ジョン・ドーヴ
&
モーリー・ホワイトといえば…

 

ストリートファッションの定番
「Tシャツ」

このTシャツをストリートの
主役級まで押し上げた立役者

 

個人的にTシャツは
自分でも作るくらい大好きマンなんで
コレは行くしかレベルでした✧

会場のド真ん中には
象徴するように吊るされた
ビッグTシャツ達♪

コレは見上げるくらい大きかった✧

 

大・迫・力‼︎

ナイスグラフィックです♪

 

1968年。

ジョン&モーリーが
Tシャツにプリントをする際
用いた技法が…

「シルクスクリーン」

自分もTシャツ作る時は
この方法で作ります♪

 

今ではメジャーなシルクスクリーンも
当時は芸術家の人達が
版画を作るのに使用していただけ。

なのにTシャツに使っちゃおうとか
考えて行動したジョン達って
ゴイスーですね。

 

閃きって大事♪

デビット・ボウイ

シド・ビシャス

 

何故こんなに
PUNKやROCK系が多いかというと…

 

仲良しだったから
(簡単に言うと…)

 

そして…

 

「反骨精神」

 

Tシャツは
資本主義の現代世界の産物であり
そこから生まれた
社会主義革命の一つなのです。

それは普遍的な言語の一部であり
ポップアートのポスターよりも
パーソナルで
音楽よりも痛烈な表現だったのです。

 

 

この言葉にあるように
二人はメッセージ性のある
プリントTシャツを作る事で
全世界にメッセージを
届けていたんですね。

 

音楽も一緒。

当時のPUNK ROCKも
様々なモノへの反骨心から
過激なファッションや
パフォーマンス等が行われてました。

きっと其々共通するものが
あったんでしょう。

若者の力って凄いですよね♪

今の日本には
中々無い精神です…。

 

「SENSIBILITY AND WONDER」

||

“今を不思議に思う心”

 

 

日本にいると平和だし安全だしで
今自分達が置かれた現場に
特に何も思う事なく
流れるように過ごしがち。

 

でもそれって怖いですよね…。

 

こういう所が日本人が
受動的と言われる所以なのかと
思っちゃいました(笑)

 

仕事にしろ政治にしろ
何事も疑問(不思議)に思って
考えたり行動しないと
進歩はないですもね♪

 

いやぁーーー♪

 

今回はただ単純に
グラフィックやデザイン達を
楽しみに行ったはずなのに
色々考えちゃいました(笑)

 

“今を不思議に思う心”

 

大切にしたいと思いまっす

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中