シュガーの歌

もしも…

音楽の天才が

音楽を禁じられたらーー。

 

 

でぇぇぇぇいっ!!

行って来ましたよ!!

 

ハイ!!

 

ドンっ!!

 

劇団キャラメルボックス
「無伴奏ソナタ」

at

サンシャイン劇場

いや…もう…
キャラメルボックスよ…

 

泣かせるなぁ!!オイッ!!

 

涙ボロボロ流れましたよ!!

 

んもぅっ!!

 

特に主人公クリスチャン役の
多田直人さん。

あの演技はもう…

 

反則じゃあ…

 

【STORY】

全ての人間の職業が
幼少期の適正テストで決められる
近未来のアメリカ。

ここで主人公のクリスチャンは
適正テストで音楽の神童と認定され
「メイカー」になる為
幼い頃より政府の管理する施設で
音楽を創り続ける。

メイカーはその才能を保持する為に
既成の音楽を聴く事も
人と接触する事も禁止される。

しかし…

30歳のある日。

クリスチャンは見知らぬ男から
レコーダーを渡される。

その中身は…

 

バッハの「無伴奏ソナタ」だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もうね…

バッハの無伴奏ソナタ…

正しくは
ヴァイオリンのための無伴奏ソナタを
聴いてしまったが為に
メイカーを辞めさせられ
歌を歌う事も作曲する事も
楽器に触れる事すら政府から
禁止されてしまった
クリスチャンが…

クリスチャンが…

 

不憫で不憫でっ!!

うぅ…

だけどクリスチャンは
持って生まれた才能・本能から
自分を抑えきれず
ピアノに触れてしまうんですよ…

そして政府から罰として
指を10本共切断されてしまう。

 

10本共ですよ!?

もう何も出来ないですからね!?

エグイ!!

 

なのに…

その後クリスチャンは
初めて出来た仲間のために
曲を作ってしまい
今度は声を失うっていう…。

いや…

クリスチャン!!

アンタの人生
凄絶過ぎるっしょ!!

辛っ…

もう自分だったら絶望しかない。

マジで。

絶望よこんにちは状態です。

それでも真面目に働きながら
何十年もの刑期を終え
晴れて自由となった
クリスチャンが見たものは…

かつて自分が仲間の為に作った
曲を楽しそうに歌う若者達!!

あの時作った歌は
当時の仲間達が自分の友達に伝え
そのまた友達が友達に伝えて
瞬く間にアメリカ全土に
伝わっていたっていたんですよ!!

コレはもう…
涙腺爆発するよね!?

泣くよね!?

鼻水止まらんかったわ…

会場中から啜り泣く声が
聴こえてましたからね。

今回の舞台は
場面が第一楽章・第ニ楽章という風に
分けられてたんですが
このラストの場面名が
「喝采」

もうこの場面名の通り
劇場内拍手喝采で
凄さまじい拍手の海でした!!

自分も気付いたら勝手に体が
拍手してましたよ

全力で
叩きまくりました

それ程素晴らしい舞台!!

ラストシーンで
クリスチャン役の
多田直人さんが堪え切れず
涙を流すんですが
その涙の綺麗なことよ

アレを見た瞬間
わいの涙腺も崩壊しましたね

いゃあーーー♪

本当キャラメルボックス
良かったわぁ

演者の個々が
凄く良いキャラされてて
観やすいし芸達者♪

気になる方は是非

劇場キャラメルボックス
おススメでっす♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中