卵の殻と緑の山

2019年が始まって早6日…

時の流れの早い事よっ!!

 

そんな流れに乗って行ってきました♪

 

ドンッ!!

蜷川実花展」

-虚構と現実の間に-

at

大分市美術館

 

高校生の時から大好きだった

蜷川実花氏の写真展という事で

張り切って行きました♪

 

チケット買って案内もらって

一歩足を踏み入れると…

 

 

部屋一面「桜」

どこをみてもピンク一色!!

天井も壁も床もピンク!!

まさにインスタ映え!!

 

皆こぞって撮影してました(笑)

 

次の部屋も極彩色ぅぅぅ♪

 

 

やっぱこうやってみると圧巻ですね。

 

かなり懐かしい写真も展示されてて

この鹿の写真をみた時は

トキメキましたね♪

 

大好きな写真集「noir」の表紙!!

あれからもう9年も経ったなんて…

 

 

もう金魚は鉄板ですね♪

 

みるだけでワクワクするぅぅぅ♪

 

写真だけで人を

ワクワクさせる事が出来るって

凄くないですか!?

 

いやぁ!!凄いっ!!

 

流石っ♪

青も綺麗♪

ここ個人的に

一番のトキメキポイントでした。

 

いやもう♪

最高な空間でしたね♪

 

実は大分市美術館は今年で20周年。

 

ただ来たのは初めて。

大分県民なのに初めて来ました。

 

むしろ大分市内自体

久々に来ました(笑)

 

大分市美術館は常設展も

充実してるしレストランもあるし

何より小高い丘の上にあるので

空気がうまい!!

 

そりゃ6mのゾウさんも喜びますよ♪

安藤泉さんありがとうございます。

 

また夏に帰省した際は

必ず訪れたいと思います。

では♪

 

ラピュタァァァ♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中