空飛ぶ鍵とはしご

2019年

平成最後の卯月

春麗らかな午後…

 

今年一番楽しみにいしてた

あの舞台に行って来ました。

その名は…

 

「奇跡の人」

そう。

 

知る人ぞ知る名作。

ヘレンケラーとその家庭教師

アニーサリヴァン先生の物語。

場所はやはりホリプロだけあって

箱は芸劇のプレイハウス。

 

言って良いですか?

いつもの如く言いますよ?

今回の舞台…

号泣。

泣いた!!アレは泣く!!

いやっ!!泣かない人がいるなら

本気で会ってみたいレベル!!

 

そして…

 

感動。

 

もうね…

高畑充希ちゃんネ申!!

演技凄い!!

 

サリヴァン先生最高でした!!

 

そして鈴木梨央ちゃん!!

今回が初舞台とは思えないくらいの

完成度!!

 

ほぼほぼ台詞のないヘレンケラーを

演じるのは素人目に見ても至極困難。

 

それをあそこまで表現出来るなんて…

これから伸びしろしかねぇっっ!!

もう伸びしろかなと状態ですね!!

二人の透明感パネェッ!!

 

話せない・聞こえない・目が見えない。

だからヘレンには

言葉に意味がある事が分からない。

 

そんなヘレンにボロボロになりながらも

“言葉には意味があるんだ”という事を

根気強く教え続ける

サリヴァン先生の姿に涙出たわ…

 

しかもこれ実話だから更に泣ける。

 

聾唖のヘレンを哀れむあまり

何をしても注意したり叱る事をせず

教える事を放棄し只々ヘレンの

好きにさせてた両親の所為で

幼少期のヘレンはお猿さん状態…

 

食事は手掴みだし座る事も出来ない。

 

子供を愛するが故といえど

愛情を吐き違えると回り回って

子供の将来を潰してしまうんだなと

現代でもありえるこの状況に

さとみつってしまいました。

 

ポスター尊いわぁ…

 

しっかり買ったプログラム。

見て下さいよこの表紙!!

かの有名なWATERですよ!!

「ウォーター」

 

あの場面泣けたぁ。

 

後半周りからすすり泣き…というか

嗚咽も聞こえてくるくらい

心震える舞台!!

 

平成最期の舞台納めにピッタリな

作品でございましたよ。

 

こんな素晴らしい舞台をみせてくれた

カンパニーに皆様っ!!

 

本当に…本当に…

ありがとうございました!!

 

令和初の舞台は”アレ”を

観てきたいと思いまっす♪

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中